ラバーキャスト

rubber cast

アクセサリー、キーホルダー、金属工芸品、ウエイト製品の製造全般
エフビジューでは常に技術を磨き、付加価値の高い製品の製造を手掛けております。

ラバーキャストとはゴム型(ラバー)を使用して鋳造(キャスティング)するためラバーキャストという名称がついています。
融点の低い金属(主に錫・鉛・アンチモン等)を溶かし、遠心力でゴム型に流し込む製法です。この製法は小ロットでも
キャスト製品ができることが特徴です。ゴム型成型から鋳造、仕上げまで手作業で行います。

作業の流れ

ラバーキャストで製品を作るには、元となる型(原型)が必要です。 原型の有無や種類により作業工程が変わります。

金属原型~完成まで
  • ①金属原型

  • ②ゴム型制作

  • ③鋳造

  • ④仕上げ

  • ⑤メッキ→⑥完成

WAX・造型樹脂原型~完成
  • ①樹脂原型

  • ②金属原型置き換え

  • ③原型仕上げ

  • ④ゴム型制作

  • ⑤鋳造

  • ⑥仕上げ

  • ⑦メッキ→⑧完成

3Dデーター入稿~完成
  • ①3Dデータ

  • ②造形

  • ③樹脂原型仕上げ

  • ④ゴム型制作

  • ⑤鋳造

  • ⑥仕上げ

  • ⑦メッキ→⑥完成

〇弊社で造形を行った樹脂原型は耐熱樹脂を使用している為、真鍮への金属化をする必要がなく直接型取りが出来る為、コスト削減・納期短縮ができます。
※デザイン・形状によっては真鍮への金属化が必要な場合がございます。

2Dデーター・デザイン画入稿~完成
  • ①2Dデーター

  • ②3Dデータ

  • ③造形

  • ④原型仕上げ

  • ⑤ゴム型制作

  • ⑥鋳造

  • ⑦仕上げ

  • ⑧メッキ→⑨完成

〇弊社で造形を行った樹脂原型は耐熱樹脂を使用している為、真鍮への金属化をする必要がなく直接型取りが出来る為、コスト削減・納期短縮ができます。
※デザイン・形状によっては真鍮への金属化が必要な場合がございます。

ご希望の工程で納品が出来ますので「鋳造まで」「メッキまで」などご指示下さい。

ラバーキャストのゴム型について

ゴム型の形状は丸板状で、サイズは2種類となります。 型取りを行う原型のサイズにより、ゴム型のサイズが決まります。

中サイズ:直径230×厚み28(mm)¥4500~
→型取り可能な最大原型サイズ 縦60×横150×厚み30(mm)まで
〇原型の厚みが22㎜を超える場合は¥8000~となります。

大サイズ:直径280×厚み28(mm)¥9000~
→型取り可能な最大原型サイズ縦110×横200×厚み30(mm)まで

上記の型取り可能な最大原型サイズはあくまでも基本の寸法の為、形状によっては最大サイズ以上の原型も型取り可能となります。サイズに関わらずお見積り前に原型・図面を直接確認させて頂き、総合的な加工のご提案を致します。
〇ご発注の数量により原型の型取り1回、量産の型取り1回、合計2枚ゴム型の制作を行います。

メッキ種類

ラバーキャスト鋳造加工をご依頼の場合は加工総合同意書加工別同意書をご一読の上、
問い合わせよりご連絡をおねがいします。